毒草一覧次の花
マユミ


雌雄異株の落葉低木で秋に赤い実をつけます。新芽は隠れた山菜とされていますが、実は有毒なのでつい誤食してしまうそうです。


毒草名  マユミ、ユミノキ、ヤマニシキギ(山錦木)
学 名  Euonymus sieboldianus
特 性  ニシキギ科 ニシキギ属、雌雄異株の落葉低木
花 期  果期10〜11月
毒部位  果実
成 分  不明
症 状  腹痛、嘔吐、下痢、麻痺




花はいたって質素です。

 





小さなつぼみが見えるでしょうか?



まだ青い頃の果実です。これからだんだん赤くなっていきます。


 

果実は赤く熟して四方形で裂けると中から光沢のある赤い実が出てきます。




そして、実の落ちたあとに殻だけ残ります。



こんな大きな木もあります。


-------- 白花まゆみ --------





-------- 緋玉まゆみ --------





-------- 大実紅マユミ --------





-------- コマユミ --------
(Euonymus alatus f. striatus)






-------- ツリバナマユミ --------

 

実は四方形ではなく丸くなっています。これもはじけると中から綺麗な赤い実がでてきます。


 

南淵の 細川山に 立つ檀 弓束纒くまで 人に知らえじ (万葉歌7-1330)





≪MEMO≫
・若葉はくせがなく、おいしい山菜。

毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS